ウエディングドレス ブライダルエステ

ウェディングドレスによるブライダルエステの違い

挙式で着るウエディングドレスによって、
ブライダルエステに違いがあるのをご存じですか?

 

ウエディングドレスは背中や二の腕、デコルテなど露出部分が違いますが、
その露出部分に合わせて、ブライダルエステのコースが設定されていることがあります。

 

自分に必要な箇所だけ効率的にエステが受けられるので、
こうしたコースは人気を集めています。

 

ウエディングドレスも様々なデザインがあります。

 

背中が大きく開いているものやデコルテが開いているものなら、
背中や肩や腕をケアする必要がありますし、
ミニ丈のドレスであれば脚のケアが必要です。

 

こうした露出部分を集中してお手入れすることで、
よりドレスが映える自分に仕上げていくことが出来るのです。

 

ドレスによって露出部分が少ないものもあるので、
肌のケアにこだわらない場合もありますが、少しでもスリムにスッキリと着るためにも
挙式までにダイエットや痩身エステを行う人は多いですね。

 

ドレスが決まっていれば、そのドレスの露出部分に合わせたお手入れを行うことで、
限られた予算の中でより効率的にエステが行えるのでおすすめです。

 

ブライダルエステのカウンセリングでは、ウ
ェディングドレスの写真やイメージを伝えれば、
それをもとにエステティシャンがドレスに合ったプランを提案してくれます。

 

提案してくれたプランが希望に合っていれば、
コースの設定をして施術を開始するという流れです。

 

ドレスに合わせたコースなので、むだ毛や産毛の処理はもちろん行いますが、
ピーリングやクレンジング、トリートメントなども行います。

 

これからブライダルエステを受けてみたいと思っているなら、
ウェディングドレスに合わせたコースは効率的でコスパの良い方法なので
検討してみると良いでしょう。